獣医師様専用のヒト幹細胞培養液上清液のご紹介はAHSまで

   
HOME 獣医師様の皆様へ 飼い主様へ お役立ち情報 ENGLISH

獣医師様へ


幹細胞培養上清液の総論についてはこちら
乳歯歯髄由来の幹細胞培養上清液についてはこちら

ssl



獣医薬の個人輸入は薬機法(旧薬事法)及び現地法令・関税法遵守のアニマルハートステーションまでお問い合わせください


アニマル・ハート・ステーションはJBP EQパウダー及びEQカプセルの正規販売代理店です。動物病院様向けのご紹介も致しております


人脂肪幹細胞培養上清の活用症例の一部/人医療含:1.皮膚創傷 2.炎症性腸疾患 3.アトピー性皮膚炎 4.骨欠損 5.腎障害 6.劇症肝炎 7.脊髄損傷人由来幹細胞培養上清液の培地は、完全無血清培地(ヒト及び動物由来成分不含)ですので、免疫反応の回避、病原体感染リスクの排除、培養工程の均質化といったメリットが挙げられます。








獣医師様向け、日本製の医療用の成長因子製剤ヒト幹細胞培養上清液のご紹介はアニマル・ハート・ステーションまで


獣医療における補完代替医療としての人幹細胞培養上清
 
   ペットの高齢化が進むことは罹患の確立が高まることを意味しますが、シニアのペットの罹患は複数にまたがる事が多く、
例えば心臓に疾患がみられる際は外科的手術が困難となったり、腎臓に疾患がみられる際は内科的アプローチも困難
となったりと、結果としてその疾患に対する治療を見合わせざるを得ないケースも増えて参りました。

 その中でも幹細胞培養上清液はペットの体調を考慮のうえ使用でき免疫拒絶性反応もないため、これまで治療を見合
  豊富なサイトカイン
わせていた症状に、補完代替医療の選択肢の一つとして検討頂ける製品と
して注目されております。

また、新しく設備を導入する必要もありませんので、動物病院様及び飼い主
様のご負担も軽減されるのが特徴です。

今後さらに増えるであろうハイシニアを含め犬や猫の治療時の選択肢の一つ
として、ご検討いただけましたら幸いです。
     
 



医療用:人幹細胞培養上清とはどの様なものでしょうか?
 
   人由来幹細胞培養上清液とは、人の体内に存在する間葉系幹細胞(主に脂肪や歯髄、骨髄、臍帯から採取)を培養した際に細胞から分泌された成分を滅菌処理したもので、生理活性物質やサイトカインが豊富に含まれています。

 サイトカイン(成長因子)とは、細胞から分泌されるタンパク質で、細胞同士の情報伝達のほか、細胞の増殖、分化、創傷治癒などに関係しています。特に、損傷を受けた組織や細胞の機能回復に重要な役割を果たしています。

 そのサイトカインを豊富に含む人由来幹細胞培養上清液は、免疫力の強化・維持、炎症の調節機能、機能が低下した細胞の回復など、さまざまな場面での報告が挙げられております。
豊富なサイトカイン
     
 



人幹細胞培養上清液とプラセンタやPRP、幹細胞治療との違いはどの様なものでしょうか?
 
   人由来幹細胞培養上清液は医薬品ではないため、現状では化粧品原料として目にすることの方が多いかもしれません。一方、当社でご紹介しております医療用の人幹細胞培養上清液の成分には、細胞の活性、修復を促す成長因子や脂質や核酸など多くの生理活性物質が非常に豊富に含まれているため、多くの医療機関様で様々な研究に使用されています。
 
 なお、その他成長因子製剤とは以下の点で異なるため、目的用途によって使い分けをお願い致します。

プラセンタとの違い:
ヒトプラセンタはヒトの胎盤から作られるため、有効性が高い反面、感染症のリスクを完全に取り除くことができません。そのため、医薬品のヒトプラセンタを投与した患者は献血ができなくなるなど、わずかですが安全面で課題が残っています。
(サプリメントを除く)

PRPとの違い:
第3種再生医療等技術に分類されるため、申請または届出が必要な点や抽出に
あたり遠心分離機 等の設備が必要です。
○ 成分の一部ご紹介
成長因子に含まれる成分の一例:HGF/肝細胞増殖因子,GDNF/グリア細胞由来神経栄養因子,G-CSF/顆粒球コロニー刺激因子,HB-EGF/ヘパリン結合性上皮成長因子,bFGF/塩基性線維芽細胞増殖因子,IGF-1/インスリン様成長因子1,GH/成長ホルモン,NT-3/神経栄養因子3,BDNF/脳由来神経栄養因子,VEGF/血管内皮細胞増殖因子,TGF-α/トランスフォーミング増殖α,TNFsRI/腫瘍壊死因子可溶性1型受容体
成長因子製剤:人由来幹細胞培養上清に含まれる成分 塩基性線維芽細胞増殖因子
人由来幹細胞培養上清に含まれる成分 肝細胞増殖因子
ヒト幹細胞幹細胞培養上清に含まれる成分 成長ホルモン
ヒト幹細胞幹細胞培養エキスに含まれる成分 血管内皮細胞増殖因子
     
 



人幹細胞培養上清の特徴と有用性、使用方法と症例について
 
  人幹細胞培養上清を注射薬として使用する際は、注射による局所または点滴にて使用されています 人由来幹細胞培養上清液の特徴
    当社でご紹介しております人由来幹細胞培養上清液は、日本の再生医療関連企業が製造する製品を含め、日本製の確かな商品です。幹細胞の排除はもとより、免疫反応の回避、病原体感染リスクの排除、培養工程の均質化を行ったうえで製造致しておりますので、安全です。 
(海外からの個人輸入ではございませんので、日本国内からのお届けとなります)
   
  ヒト幹細胞培養上清を外用薬として使用する際は、一般的には噴霧や塗布による投与にて活用されています 人由来幹細胞培養上清液の有用性について
   
   
人由来幹細胞培養上清液の使用方法一例 ペットの体調を考慮しこれまで治療を行えなかった症状に対して、補完代替医療としての選択肢の一つとなりうる点(麻酔等を使用する必要はありません)
一般的に、以下の方法で使用されている報告がなされております。 vialタイプとして製品化されているため、 新たな設備導入の必要が無い
外用剤:塗布・噴霧・点鼻による投与 成長因子を抽出するだけでなく、培養し、増やすしたうえで製品化するので、他の成長因子製剤より多くのサイトカインを抽出可能である点
注射剤:点滴注射、皮下・関節内・損傷部位への局所投与

幹細胞治療の効果を高めるための併用や、現在の治療・投与との併用できる

注射や塗布 等、使用方法に柔軟性がある点


 



人乳歯歯髄幹細胞培養上清と人脂肪幹細胞培養上清のご紹介
 
   当社では医療機関様向けといたしまして、人幹細胞培養上清を「乳歯歯髄由来」と「脂肪由来」の2種類ご紹介致しております。用途によってお使い分けください。なお、各製品はサービス内容や特徴が異なりますので、ご利用の際は以下をご確認ください。

人乳歯歯髄幹細胞上精液の使用方法や論文、臨床例、動画配信等各種ご利用方法については専用ページにてご登録ください(登録無料)。ご登録後はさらにスタッフより詳細のついてのサポートをさせて頂きます。また、人乳歯歯髄幹細胞上清液の獣医師様が開催しております研究会のご登録も無料で承っております。
					   人脂肪由来幹細胞上清液のご注文に関しましてはアニマル・ハート・ステーションの獣医師様会員ページよりご登録下さい。商品の詳細についてご説明致しております。また、人脂肪由来監査棒上清液は無血清培地を利用しているため非常に安全な商品となっております
 
人乳歯歯髄幹細胞培養上清エキスについての詳細はこちら   人脂肪由来幹細胞培養上清エキスについての詳細はこちら
 商品の違いやご不明な点等ございます際は、スタッフまでお問い合わせください 
   
 


お問い合わせはこちら
          ご不明点やご注文方法につきましてはお気軽にご相談ください。なお、
           ○ 各種ご回答は、営業日は24時間以内,営業日外は休み明け翌日のご回答となります。
           ○ (WEB・FAXでの)御見積の受付は24時間365日いつでも承っております。


  ご利用案内利用規約特定商取引法プライバシーポリシー
Copyright (C) 2008AnimalHeart STATION All Rights Reserved.